トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問Q & A

よくあるご質問につきまして、Q&A方式にて紹介させていただきます。なお、掲載されていないご質問や業務に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

データーを作成する際の画像部分の解像度は何dpiにすれば良いですか?
解像度が足りない場合も出力は可能です。ただし仕上がり品質に影響致しますので可能な範囲で下記容量を確保して下さい。小型デジタルプリント(フロンティア)の場合は仕上がり時サイズで300dpiでお願い致します。大型銀塩プリント(ラムダプリント)の場合は仕上がり時サイズで200dpiでお願い致します。大型インクジェットプリントは各種とも仕上がりサイズ時で150dpi以上でお願い致します。大型プリントの場合サイズが非常に大きくなるため以下に示す鑑賞距離に対する解像度の目安を参考にして下さい。尚、これはあくまで目安であり仕上がり品質を保証する物ではありません。お手持ちのプリンターで部分を原寸で出力しご確認頂きますとおおよその感じはお掴み頂けると思います。

ページトップへ戻る

解像度が足りないのですが出力できますか?
出力の際に拡大出力可能です、ただし解像度が不足している分画質が低下していきます。("データーを作成する際の画像部分の解像度は何dpiにすれば良いですか?"をご参照下さい)なお、フォトショップ等にて解像度を上げた場合にも仕上がり画質は低下しますので無理矢理、出力原寸サイズの解像度に合わせていただく必要はありません。

ページトップへ戻る

出力可能なサイズは?
小型デジタルプリント(フロンティア)の場合は254mm×381mmまで可能です。大型銀塩プリント(ラムダプリント)の場合はプリント幅1250mmで最大約50mまでの出力が可能です。大型インクジェットプリントに関しましてはLatexタイプ・昇華転写クロスプリント(スエード・トロマット)は最大2500mm幅・UVプリントは最大2190mm厚み45mm・水性インクタイプが最大1500mm幅でのプリントが可能ですが、長さ・幅に関してはメディアの種類でご用意できない物もございますので事前にご確認ください。

ページトップへ戻る

Imaconで入力可能な原稿のサイズと種類は?
透過原稿は35mm〜4×5までのポジネガフィルム。 最大解像度は倍率100%時で24x36(8000dpi)/35(5000dpi)/6x45(4000dpi)/ブローニー(3200dpi)/4x5(2040dpi)まで入力可能です。

ページトップへ戻る

小型フィルムスキャナーで入力可能な原稿のサイズと種類は?
透過原稿の35mm〜6×9までのポジフィルム・ネガフィルムが対応可能です。 APSフィルムはネガのみが入力可能となっております。 サイズは約30MBまで入力可能です。(細かな容量指定はできませんのでご了承願います。) 画像モードはRGBのみとなっております。

ページトップへ戻る

 

Copyright(C) protech All Rights Reserved.